思春期真っ盛りの私が
この商品を使っても
結果全然上手くいかなかった

重たい一重ではないが、パッチリ二重に憧れて

メイクをして、付けまつ毛を付けると二重になるのですが、ノーメイクの状態だと、どんなに頑張ってもバッチリ一重。

重たい一重ではなかったのですが、思春期の頃はすっぴんでもパッチリ二重の子に憧れていました。

パッチリ二重の子はナチュラルメイクでも濃いギャルメイクでも映えるのが、とても羨ましかった記憶があります。

あとは、泊りなどですっぴんでみんなで写真を撮る時なんかは、現像された写真を見て自分の顔に何だかがっかりしていた記憶もあります。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

学生時代は、ストレートパーマをかける事とアイプチをすることがみんな誰しもの登竜門的な雰囲気があり、クラスの半数以上の女子がどちらかをやっていました。

元々髪質に悩みは全くなかったので、ということはアイプチか…と思い、お小遣いを握って、近所の薬局へ買いに行き、とりあえず軽い気持ちで試しにやってみました。

筆に接着剤を取り、瞼に塗布、半透明になったら付属のスティックを使って二重を作るというものでしたが、なかなか苦戦しましたし、瞼が常に引っ張られる感覚がとても不自然で気持ち悪く長時間アイプチを付け続けられませんでした。

慣れている子は、アイプチをし続けていると二重になると信じて、毎日している子もいましたが、私はほんの数日で心が折れてしました。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

自他共に器用な方ではありましたが、かなり苦戦しましたし、瞼が常に引っ張られる感覚がとても不自然で気持ち悪く長時間アイプチを付け続けられませんでした。

慣れている子は、アイプチをし続けていると二重になると信じて、毎日している子もいましたが、私はほんの数日で心が折れてしました。

上手にきれいな二重を作るには練習が必要だったのかもしれませんが、そこまでして二重になりたくもなかったですし、瞼が赤くなったり、荒れてしまった事もあり断念しました。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

まず、自分の骨格に合ったきれいな二重を作るのが、とても難しかったです。

練習が必要だったのかもしれませんが、そこまでして二重になりたくもなかったですし、瞼が赤くなったり、荒れてしまった事もあり断念しました。

また、アイプチをした上からアイシャドウを塗ると、あきらかにアイプチ部分にアイシャドウが溜まってしまうのでアイプチをしている事がバレバレになるのも恥ずかしかったです。

あとアイプチをしたまま寝ている友達が半目になっていたのも嫌でした。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

今は、アイプチよりもアイテープやかなりの低価格でダウンタイムも昔ほどない施術方法で二重整形ができるようになっています。

学生の方は学割を効かせて二重整形が施術できる時代にもなったので、毎日アイプチを一生懸命する努力をするよりかは、お金を貯めて楽な道を選んだ方が賢いと思います。

まぶたが荒れてしまったり、上手に出来ていない二重にメイクをしても全然盛れないですし、今の時代にアイプチをしてもメリットなんて一つもないと思います。

おすすめの記事