一重だった私が可愛い二重になろうとして
百均の二重のりを使ったら
瞼が大荒れ!大失敗!

まぶたが薄くて一重なのでいくら化粧をしても可愛い顔になれない

まぶたが一重なのでいくら化粧をしても可愛い顔になれない事です。

憧れの女優さんやモデルさんのメイクをしようと思っても、綺麗な二重じゃないため、真似ができない事です。

二重の女の子が好きと好きな人に言われた事です。

良く化粧の仕方を載せてる雑誌とかに二重ラインまで、アイシャドーの1番濃い色を乗せると書いてありますが、二重ラインがないので、どこまでアイシャドーを乗せればいいのか分からない事です。

なにより鏡で見た自分のまぶたが薄く一重で朝悲しい気持ちになる事です。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

中学生の頃、アイメイクが流行り始めました。

殆どの子がアイメイクもしくはアイプチを行っており、私もその1人でした。

ただ、私の家は貧乏だったので、きちんとしたコスメを買う事は出来ませんでした。

なので、百均のアイメイクのコスメを買っていました。

二重のりもその内の1つです。

当時、可愛いの基本は二重という風潮もあり、一重の子は必ずと言っていいほど二重にしていました。

かくいう私も、自分の一重は可愛くないな、目が小さく見えて嫌だなと二重のりを買って毎日のように使っていました。

二重シールや絆創膏を使ってみたりもしましたが、不器用なのか上手に二重にならないので二重のりに落ち着きました。

私の使っていた二重のりは、まぶたに塗って、専用のプッシャーで押し上げて、二重の形を作る一般的なものです。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

最初は二重になり、喜んでいましたが、糊でくっついている状態なので、アイシャドーを乗せると糊でくっついている二重の部分だけ光沢があるようになったり、アイシャドーを乗せる際に糊がボロボロと落ちてきたり、化粧中に二重が外れるなんてこともありました。

それで塗るのを寝てる間にしたり、化粧してない時もして、跡をつけようと思いました。

するとある朝、起きて鏡を見ると、真っ赤に腫れたまぶたになっていました。

化粧を落とした時に腫れている事もありました。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

化粧も二重もバッチリして、お洒落して、デートに出かけた時のことです。

まだ中学生だったので、デートと言っても、2人でカラオケに行っただけでした。

カラオケに入り、歌っていたら汗をかいてきました。

少しカラオケが暑かったのでしょう。

そのうち目に違和感を感じ、なんだろうと思っていました。

トイレに行ってみると、片目の二重のりが外れていました。

幸いカラオケの席が距離があったので、相手は気付いてはいないかもしれないですが、その状態で一緒にいた事がとても恥ずかしかったです。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

二重のりというサービス自体はとても良いと思いますが、安い二重のりは時間もお金も健康も損なうので、購入は進めないです。

時間の部分は癖つくまでが時間が思っている以上にかかる事。

お金は、何度も何度も購入する事で、結構な出費になること。

健康はまぶたが、荒れたり、二重のりが取れているんじゃないかと不安になり精神にも良くないこと。

この3つのことから安い二重のりは、絶対に買わない方がいいです!荒れた瞼は予想以上に痛いです。

おすすめの記事