パンパン瞼の奥二重の私が
沢山の二重商品を使って二重になろうと努力したが
何を使っても二重になることのできない頑固瞼だった

奥二重瞼のせいで目元が腫れているかのような目

周りの友達たちは一重や奥二重でも、アイプチやメザイクなどを使えば、綺麗な二重になれていたが、私の瞼は他の人と違い腫れぼったい瞼のせいで目元が腫れているかのような目をしていた。

何をしてもその上にどっしりと肉が乗ってしまうので改善のしようがなく、目つきはとても悪く目がとても肉肉しいので人と目を合わせることも、見られることも恥ずかしかった。

奥二重だが肉厚すぎるので、一重だと間違われ皆にからかわれていた。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

周りのこが段々と化粧に興味を持ち始た頃、私も二重や化粧に憧れと興味を持ち「これで二重になれて可愛くなれる!」と理想を描いていた。

かわいいぱっちりとした二重になりたいと思い、早速アイプチという瞼にのりを筆でつけ、少し乾かした後に専用の棒でくっつけて二重の線を作るという商品をやってみた。

たいていの友達は綺麗に出来ていたが、うまくいかなかったのでメザイクという小さい棒状になったのりを瞼につけ、自分の好みの二重幅を作り、ハサミで余ったのりを切るという商品を使ってみたがこれも失敗。

次にアイテープという三日月のような形になっているのりを瞼につけ自分の好みの二重幅をつけるという商品を使ってみた。

これまた失敗。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

初めに使ったアイプチでは、のりで瞼をくっつけるので目を閉じるのも難しく、下を向くとすごく目が悲惨なことになる。

怖いと言われ笑われた。

メザイクでは棒状のスティックタイプのノリだったのでつけるのも瞼を閉じることも可能であったが余ったのり部分をハサミで切る際に、一緒に自分の瞼も切ってしまい出血するというハプニング。

私のやり方が下手なのか、瞼が頑固なのか、不自然な二重と不気味な二重しかできずに笑い物になっただけで使わなければよかったと後悔した。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

もうこの頑固瞼には整形しかない!と心を決め、簡単な二重整形をしてみた。

その先生にでさえ、だいぶ肉厚だからと言われた。

無事終了し、少しの間腫れを耐えればぱっちり二重になれると喜んでいたのも束の間、いくら経っても腫れは引くことはなく、元の肉肉しい瞼よりもパンパンに晴れてしまいサングラスなしでは日常生活も過ごすことができないほどになってしまった。

それでもしばらく耐えたが、無理だと判断し元に戻してもらった。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

全て周りと同じようにうまくいくと思うな!中にはどんな商品も整形でさえも二重になることのできない頑固瞼がいるからな!冒険して二重を探し回るのもいいと思うが、諦めも肝心。

もし諦めたくなければ商品使った後に必ず、鏡で上下左右から自分の目で確認、写真を撮って確認してから出かけるように。

自分では目を閉じているつもりでも他人から見たら半目の白目でふざけているようにしか見えない目になっているかもしれないぞ!私のように外で恥のかくことない様に願います。

おすすめの記事