まぶたが重すぎる、不器用すぎることで悩んでいた私が
折り式やアイプチを使っていても淡い期待はするが
結局メイクとして外にはつけていけなかった

まぶたが重たくまつ毛が思うようにカールしない

まぶたがおもくまつ毛が思うようにカールしない。

まぶたをビューラーではさみやすい。

マスカラが必ずまぶたにつく。

マスカラ下地もなかなか上がらない。

アイプチをしても重すぎて二重にならない。

二重にすることをそうそうにあきらめる。

カールしていてもまぶたでかくれてしまい、なかなか思うような目元にならない。

アイシャドウやアイライナーのメイクがしずらい。

かわいらしい目元ではないのでいつも試行錯誤の連続→あきらめていつも同じメイクという負のループ。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

一度友人にアイテープやばんそうこうを使って二重メイクをしてもらったが、かなわず。

友人がアイプチを使い挑戦を繰り返していても思った幅ではくっつかずまた非対称。

そんな中でドラックストアで安価に手に入りつけまつげようのりとしても使えるアイプチを購入。

自分の二重位置と求める二重幅が違いアイプチの効果が出ない。

また少し価格が高く、くっつけるのではない折り式を購入。

商品として簡単に折込食い込むスタイルの二重ができるということであり、ドラックストアやCM、情報番組で見かけるようになり、動画サイトでも使用方法を確認することができる。

手軽さと簡単さアイプチと似た使用方法ということが決めてとなり、アイプチよりも期待をして購入。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

学生の頃のメイク代を考えるとなかなか失敗できない金額で何度も練習。

そのたびに目元が荒れる。

余計に腫れぼったくなる気がして失敗を感じる。

結局練習したらはれてしまうので、お出かけ前のメイクはなかなかできなくなるので、休みの日に練習。

結局練習も習慣化せず、むくみによって使用するたびに二重位置も変わり、練習のかいもなくその商品がよいものなのか悪いのかわからず自分のまぶたが重いことを自覚するだけで二度と買わないことを決意する。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

ドキドキとワクワクで使用したのですが、自分のメイク後では二重幅が左右非対称で、二重がいつひとえになってもおかしくない状態だったので外には出ていけず。

そんな自分の顔がおかしくて恥ずかしかった。

また折り式やアイプチを使用することでアイカラーが汚くなり余計に恥ずかしさがある。

再度メイクをし直すにしても、まぶたが荒れてしまう、カスが取り切れていなくて除去に時間が必要であったり、悩み以上にめんどくささが勝利しました。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

お試しで買ってもいい値段であって、あなたのまぶたが本当にその商品で改善されなくても、他の人に私でも二重になれたれたよと嘘をつく必要がない、またはその商品に文句を言わないのであればどうぞ、購入ください。

しかしあなたがとてもとても二重になりたい。

この商品で絶対になります。

と宣言されるのであれば「絶対に」二重にならないのでやめた方がいいと思います。

二重はファッションであるお遊びであると思って購入するのであれば迷う前に購入していますよね。

おすすめの記事