田舎の小学生顔の私が、憧れた先に
やっぱり、安いだけじゃダメだった
可愛くなるためには、多少の資金が必要

腫れぼったい一重で、さらにたれ目だったので、いつも地味なイメージ

腫れぼったい一重で、さらにたれ目だったので、いつも地味なイメージが嫌でした。

学生時代に、女の子が転校してきました。

その子は、クルクルした茶色の髪をしていて、きれいな二重まぶたでした。

今までいたことのない子で、男の子からも女のこからも興味をもたれました。

年頃プラス転校生の影響もあって、髪型やファッションを可愛くしたいと思うようになりました。

しかし、可愛い洋服をきて、髪型も整えてても、顔が付いていきませんでした。

プリクラを撮っても、田舎の小学生でしかありませんでした。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

どうした田舎の顔から抜け出せるか、悩んでいました。

学生の頃は、なんでのネットというよりは、まだ紙の雑誌が流行っていたので、雑誌を見て、情報を得ていました。

特にアイメイクについて探していた訳ではなかったのですが、ファッション雑誌をみていると、アイメイクのことも載っていたので、そこでアイテープやアイプチのことを知りました。

今となっては、薬局でも簡単に手に入りますが、まだ流行りはじめだったので、流行り物が置いてあるショップにしかありませんでした。

そのうち段々と周りの友達が使い始めてきて、目が大きくなると可愛いなと感じるようになりました。

使っていてどんな感じか聞きながら、私も使ってみようかなと思うようになって、アイテープから始めてみたことが第一歩でした。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

初めは、アイテープから使い始めました。

使った人なら分かると思いますが、アイテープを貼る場所によって、二重の感じが変わってきます。

慣れない内は、何回の貼りなおしました。

アイテープがきれいに隠れずにテープが見え、可愛くなる所か、吊り上がってにらみつけているようになってしまいました。

さらに、上手くいかないと、アイテープが刺さって目が痛くなったり、かぶれて赤く腫れてしまい、余計に一重の腫れがひどくなってしまうこともありました。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

アイテープを使っていた時、テープを貼っているので、常にまぶたに違和感はありました。

だから、異変にも全く気がつきませんでした。

いつものように、朝アイテープをして、友達を遊びに行きました。

遊んでいると友達に、「目から変なものが飛び出てきてるよ!」と言われました。

「えっ!?何が!?」と驚きから、すぐに鏡を見ました。

すると、アイテープが半分取れかかっていて、二重もひどいことになっていました。

一重の姿よりもとても恥ずかしかったです。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

使い始めは、やっぱりアイテープに手を伸ばしたくなりますよね?でも、今はもっといい商品が出ているから、違う商品を探してみるといいと思いますよ!学生は安さを選ぶ気持ちは分かるけど、肌に合わないとおばけのようにかぶれてひどい目に。

一番安い商品を選ぶより、いくつか並んでいる商品を見比べて、間くらいの物を選んだ方がいいと思いますよ。

もしくは、激ショップなどを見つけて、いい商品を安く、もしくは新商品を試し価格で!というような商品を選んだ方がいいと思います。

おすすめの記事