一重で小さい目に悩んでいた私が
雑誌で見たアイプチに安易に手を出し
二重は得たが生涯両目不揃いの代償を得る

一重で貧弱なので、無理して笑顔を作らないと不機嫌だと誤解された

私は生まれてから中学を卒業するころまで、一重でした。しかも生まれながら目が細くて小さめです。

まだ心がもろい小学生の時は目が細い人は何故か、周囲から容姿の面で不利な流れにあったので、私はクラスの男の子に目の細さを指摘される度に傷ついていました。

そして目が二重で大きい女の子が皆輝いて羨ましくくて仕方なかったです。

「二重で大きな瞳に生れたかった」とよく心で叫んでは、目がくりくりして愛くるしいアイドル歌手の石川ひとみさんや松田聖子さんみたいになりたいとも思った子供でした。

一重で、それゆえに、もともと小さくて細い目が一層貧弱になっていました。

女の子として、二重でくりくりとした目でなくては、男の子にモテないだろうと思い、女の子として異性面では不利だと思っていました。

さらには、目が一重で貧弱なので、無理して笑顔を作らないと不機嫌だと誤解された経験もあって、さらに自分の目の状態を悩むようにもなっていきました。

目は顔の印象を大きく変えるとも感じていたので、女友達を作る面でも自信がなかった子供時代を過ごしました。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

中学生のころ愛読していた、ミドルティーンの女の子向けの雑誌か何かに、よくアイプチの広告が掲載されているページがありました。

ペンシルタイプで、一重の瞼にスーッとなぞるだけで、簡単に一重を二重にできてしまうという製品でした。

価格は2千円ほどでしたが、購入した中学の頃の私には高価でしたので、購入は暫くためらいましたが、お正月のお年玉で思い切って一本通販にて購入することになりました。

届いた商品は、本で得た印象通り、太めのペンシルみたいになっていて、ペンシルのような三角尖りがある先から、ニューッと透明のセメントのようなものが出るようになっています。

それを一重の瞼の線を描くようになぞると、瞼の上下が乾いたころにくっついて、臨時の二重が完成となりました。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

購入したアイプチを使い続ける内に、くせになって、私はいつの日か両目二重を手に入れて行ったのです。

ですが、片方のまぶたは大丈夫でしたが、もう片方のまぶたは、綺麗に癖付けできず、その後ずっと、つまり今もなおそうですが、まぶたが少し垂れ下がってしまっています。

両目二重を手には入れたものの、以来両目の大きさが違うという結果となりました。

今となっては、一重でも自分の生れ持っての目ですから受け入れられますし、目の大きさなど関係ないと心から思えます。

若い頃の目に対する浅はかな考えを悔やんでいます。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

私の購入して使っていたアイプチは、安物だったからでしょう、接着具合もあまりよろしくなく、目を閉じようとすると接着部分が突っ張ってしまいます。

ですから、アイプチをつけたまま人前で目を閉じようとすれば、相手に分かってしまうので、人の前では注意が必要でした。

時々、目を軽く閉じた瞬間にびりびりと接着が取れてしまったこともありました。

ちょっと痛かったです。

幸いにも、使用していた中学生のころ、アイプチ使用中は誰にも知られず住みましたが、知られたらお友達に噂されたり馬鹿にされていたかもしれません。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

目の大きさや一重であることは、年と共に、女性として生きる上で不利なんてことは全くないと思えて行く事が出来ると思います。

素敵な韓流スターに一流のアジア人モデルさんの中に、一重だから素敵に見える方もたくさん見いだせると思います。

もしかしたら、ひとえに生まれてよかったと思える時が来るかもしれませんし、実際に今の私は一重に生れたことをどうして歓迎できなかったのか、若い頃の私の考えが不思議でたまりません。

一重より二重の考え自体、おかしいと思いませんか。

一重はエキゾチックで魅力的の思う人も世界中に沢山いると思います。

おすすめの記事