重たい一重で不細工だと悩んでいた私でしたが
二重にするメイク道具を使う事で
肌トラブルや泳げないなど悩みが増えることもおおくありました

重たい一重まぶたで心配されたり悪い印象を持たれることが大変多かった

目つきが悪い。

怖い顔。

不機嫌そう。

体調が悪いの?嫌なことがあったの?など心配されたり悪い印象を持たれることが大変多かった。

自分ではひとえを気にしていないのに気にするようになってしまった。

自分の顔が嫌いになりました。

体重が増えると顔も丸くなり、余計に目がとても小さく見えてつらかったです。

一重メイクなどもあり参考にしてやってみましたがアイシャドウをすると目がはれぼったくなり余計に悩みが増えました。

年齢より幼く見えることもありました。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

最初は目細工を購入して試しましたが全く食い込まずはがれるし、はさみでカットすることもすごく怖かったです。

金額も高いのに全く役に立ちませんでした。

次にアイプチののりタイプを購入しました。

数年間はそちらを使用していて一重のときよりも自分の顔が好きになるいました。

のりを付けて乾かして押し込むだけなので目細工より簡単で好きなラインにできたので大変気に入りました。

デメリットは失敗するとメイクを落とさないとラインを作り直せない事です。

数年使用していると瞼がだんだんと食い込まなくなってしまいました。

なのでテープを使用する様になりました。

テープタイプの物はやり直しがしやすく使いやすかったです。

はがれてくることが難点ですがアイプチのりと併用してすごく快適です。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

メザイクは買って後悔しました。

廻りがいいよ。

とおすすめしていたので購入しましたが、私には合わず金額も1000円以上なので高くて後悔しました。

 不器用な人には向かないです。

アイトークは安くて接着力はそこそこでしたが肌荒れやかゆみ、使用し続けて瞼の疲れを感じました。

匂いもどくとくな薬品の様な接着剤のような匂いなので不快でした。

また白いできものができたり瞼がかさかさしたりとトラブルも多かったです。

安ければいい分けじゃないと感じました。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

アイトークは瞼があれて白いできものが出来たりかさぶたにもなったので、アイプチや化粧すらできなくてすっぴんで過ごすのが嫌でした。

テープタイプは時々テープの端っこが飛び出したりと恥ずかしかったです。

雨の日や汗をかくと特になりやすくつゆなどは張り直し等して過ごしていました。

全体的にプールの授業や海など水に入れないことは悲しかったです。

元から二重の人がうらやましくてしかたなかったです。

特に学生時代はコンプレックスでつらかったです。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

瞼が伸びたり、荒れたりとトラブルになることもあります。

そうなってしまってからでは遅いので、良く悩んでみてください。

人は見た目が全てではないです。

目以外にも自分を好きになれるパーツがあるかもしれません。

運動をしてきれいなボディを目指したり、他に出来ることもたくさんあると思います。

 せっかく持って生まれた顔です。

薄い顔が好きな人もいます。

 自分の顔は自分が一番愛してあげてください。

 一番素敵なのはあなたの笑顔です。

おすすめの記事