奥二重だった私が
アイプチを使っても
うまく二重を作れずに後悔した

奥二重まぶたなのがコンプレックスで悩みだった

奥二重まぶたなのがコンプレックスで悩みだった私。

「笑うと目がなくなる」と言われるくらい、目が肉に埋まってしまって、つぶれたまんじゅうみたいな顔になっていました。

それが嫌で写真を撮られるのすら嫌いになっていき、中学に上がる頃には「笑って」と言われてもうまく笑えない顔になっていました。

でも写真を撮ると、何故か笑顔になってしまい、毎回目が埋まってしまう…。

一応奥二重なはずなのですが、普通にしているとほぼ一重だったので、それも嫌でした。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

奥二重に悩んでいた頃、YouTubeのメイク動画でアイプチを使って二重にしている人を見て、「私もやってみよう」と思いました。

元々メイク動画を見るのが趣味で、いろんな人がキレイになっていく様を眺めているのが好きだったのですが、思春期に突入していたこともあって、自分の美容にも敏感になり、「私もこうなりたい!」と思う気持ちが出てきました。

私以上に重たい一重の方がパッチリとした大きな目になるのがすごくて、「これなら私も二重になれるかも!」という希望が湧いてきました。

アイプチは自分の好きな二重幅にできるというのが特徴で、これを使えば自由自在に好きな二重幅を作れると思っていました。

付属のプッシャーでまぶたを持ち上げながら二重幅を作れるので、「簡単だな」とも感じました。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

「アイプチを使えば二重になれる!」という情報だけで、ドラックストアに向かったのですが、肝心の商品名が分からない。

とりあえず「アイプチ」と書いてあるパッケージのものを手に取り、購入しました。

家に帰って早速やってみたのですが、ノリ状タイプのアイプチだったので、いつ渇くかも分からずに、早めにプッシャーを使いました。

そうしたら、アイプチのノリが全て取れてしまい、何度やってもなかなか二重にはなりませんでした。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

その後も何度かアイプチを使ってみたのですが、うまく二重にならないことが多かったです。

ノリ状のタイプは乾いても、まったく見えなくなるということはなくて、二重のラインに透明の薄い膜のようなものが張ってしまいます。

二重部分も「貼り付けて作りましたよ」という感じの不自然なもので、これではうまくメイクしたって隠しようがないと思いました。

使っていけば自然な二重になるかもしれませんが、不器用な私にはアイプチは不向きでした。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

「自分は不器用だな」と思う方にはオススメできません。

最近だと塗りやすいハケ型のものも売っていますが、慣れないうちだとどうしても不自然な二重になってしまいます。

それに時間が経つとノリの部分が剥がれてしまって、元のまぶたに戻ってしまいます。

それにノリがついているので、あからさまに不自然な状態になってしまいます。

外出先でそんなことになってしまったら、メイク直しに時間が掛かりますし、直せたとしても、先ほどとは別の二重になっているので、一緒に出かけた人に不審がられてしまうかもしれません。

おすすめの記事