自分に自信を持てず何事にも否定的だった私が
アイプチを使うことによって、一時的に自信を持てたが
今思えば、瞼が腫れてその後が大変でしたがいいきっかけになった

まぶたが分厚く腫れぼったい一重でパッとしない顔

瞼が分厚く、一重でパッとしない顔で、周りからも「眠そうな目してる」とさんざん言われて嫌になっていたし、自分の目も嫌いになり自信もなくしていきました。

メイクでごまかそうとしたものの、ピンク系のアイシャドウは可愛いなと思っても結果腫れぼったく見えてうまくメイクできませんでした。

また瞼が邪魔してまつ毛もうまくビューラーしても上がらないし、アイラインもがたがたになってしまい無残な姿になってしまい、メイクすることにも嫌気がさしてきました。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

学生時代、容姿が原因でいじめられていて自信をなくして外にもあまり出かけなくなっていて腫れぼったい一重に悩んでいた私に母が進めてくれたメザイクのアイプチを使い始めました。

始めは使い方に慣れなくなかなか二重にならなかったが、徐々にコツをつかみ腫れぼったい一重がぱっちり二重になったときはすごく感動して、それ以来、学校が休みの時出かけるときは必ずと言っていいほどアイプチを使うようになりました。

これをきっかけに自信を持てるようにおしゃれをして出かけるようになり、外を出かけるのが楽しくなりました。

この体験がなかったら、私は自分に自信を持つことは一生なかったと思うので、いいきっかけになったと今では思います。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

社会人になってからは仕事の日も休日も毎日アイプチを使い続けたら、以前よりも瞼があがらなくなり、接着してもだんだん剥がれていき、メイクがうまくいかなくなったしアイプチして外へ出かけても気づいたら取れていてアイプチを持参していなかったときはごまかす手段がなくて大変でした。

それからテープタイプのアイプチを使用したり、他の塗るタイプのアイプチを使ったり、時にはつけまつげでごまかしたりしましたが、うまくいかず無駄にお金を出費してしまいました。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

仕事に出勤するときもアイプチをつけて二重にしていましたが、以前よりあまり接着しなくなっていき、朝アイプチつけて二重にしても帰るころには完全に取れていて、しかも目をこすったりして瞼が赤くなってしまって当時の職場の人に「瞼、赤いし目腫れてるよ?どうしたの?」と言われたときはとても恥ずかしい思いをしました。

また他の人には、「アイプチ使ってるでしょー」と言われ、自分からアイプチしてることを言ってなかったので恥ずかしく悔しくなりました。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

アイプチは安くて手ごろで色んな種類があり手を出しやすいので、お試し感覚で使う分には良いと思いますが、長期的に使うにはリスクがあります。

毎日使用していると、瞼が腫れてどんどん誤魔化しが効かなくなり長期的に使うと絶対後悔します!自分の目にコンプレックスがあるのはわかりますが、アイプチを使用するより一重を生かしてメイクをする方が自分をもっと好きになれると思いますし新たな発見につながると思うので、生まれ持った顔そのままを生かしてください。

おすすめの記事