まぶたが重く悩んでいた私が、出会ったアイプチ
アイプチを使うことによって二重にはなったけど
使った結果、目がかぶれてしまい病院にいく羽目になった

年齢を重ねてまぶたが重たく目が小さく見えるように

年齢を重ねてまぶたが重たく、目がはれぼったく見えるようになってきました。会社でも、目元が重たく見えて、ちょっと怖いと指摘されるようになってきました。アイメイクを色々とためしましたが、まぶたが重たいため、アイラインはほとんど解らない状態でアイシャドウのグラデーションもまぶたで半分隠れてしまう状態でした。アイメイクが下まぶたに就くことも多くなり、しょっちゅう直していたので、目元が真っ黒になることもありました。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

二重にするコスメを探していて、動画などもいくつか見ました。元々かぶれやすいので、アイテープはちょっと無理かなと思いました。ファイバー入りのものは、慣れが必要だと思いました。初心者が簡単にできるものはどれかなと思った時に、アイプチに出会いました。アイプチはのりで二重を作るタイプのもので、初心者でも出来そうだなと思いました。また、解りにくいというのもメリットだと思いました。まぶたに優しい、保湿成分が入っているのもメリットだと思いました。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

目立たないと書いてありましたが、塗る量が解らなく、時間がたつともろもろとはがれてきてアイプチしているとばれてしまいました。うすく塗れば大丈夫かと思いましたが、薄いと二重にはなりませんでした。簡単に出来るかなと思っていましたが、ある程度技術が必要で、明らかに作った二重とばれる状態でした。また、何度もやりなおしているのもあるのか、目が真赤にかぶれてしまいました。結局、何もしなかったときより、目が腫れてしまいました。かぶれてしまったため、病院に通うことになり、メイクもできなくなりました。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

アイメイクが上手くないと、アイプチしているところがてかってしまい、逆に目立ってしまいました。会社の人には、「バレバレだから恥ずかしいよ。やめた方がいいと思う」と言われてとても恥ずかしかったです。プッシャーで何度も上げていたのと、何度も直していたので、まぶたに負担がかかり真赤になってかぶれてしまいました。痛痒いのが続いて、最終的には病院に行きました。病院で、理由を説明したら「肌にそんなに負担がかかることをしてはいけない」と叱られてしまって悲しかったです。結局病院代もかかってしまいました。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

簡単に二重になりますが、明らかにアイプチしてるというのが解ります。まぶたが重たい人は1日持たないこともあります。ある程度練習しないときれいな二重にはなりません。アイメイクの技術がないと、のりがついている部分のてかりがばれてしまいます。何度も直しているとまぶたが痛くなってきます。保湿成分は入っていますが、肌が弱い人はかぶれてしまうと思います。簡単に落とせると書いてありますが、簡単には落ちないですし、無理にこすってしまうと肌が荒れてしまいます。

おすすめの記事