子供の頃からひとえまぶたで他人と比較してコンプレックスだった私
学生時代からアイプチという自分で二重まぶたを作るアイテムに出会い挑戦してみたところ
私には技術的にも仕上がり的にも不似合いだった

腫れぼったく重たい一重まぶたで劣等感を感じていた

まぶたがひとえで重たくて他の女子と比較されていた私です。

物心がついた時から私はひとえまぶたでした。

周りの女の子が二重で目が大きいと私は強い劣等感を感じていました。

二重の女子は優越感に浸っていましたし、写真撮影でも、二重に比べて私は見劣りがすると感じていましたので、自分の目元がひとえで重たく、強すぎるコンプレックスになっていました。

ただ整形したいとか思っておらず、ひとりのときはそれなりに満足していました。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

アイプチは化学薬品というのか、化粧品の部類ですが液体であるノリでまぶたの皮膚をくっつけていくという商品でした。

私の世代ではアイプチが流行した時期があります。

アイプチはネイルを爪に塗るようにしてまぶたにノリを塗ります。

匂いや痛みもあります。

まず雑誌に掲載されていたことにより、知るきっかけになりました。

使用するまでに至った経緯は、やはり友人がアイプチを使っていたこと、アイプチを使用した時の感想や、使い方を耳にしていたということもあります。

若者が買いやすいお値段ですからすぐに買ってきて使用しました。

この商品は、手軽で二重に出来ること、価格が安いことが特徴でした。

皮膚にどれだけ優しいか、健康被害など特に考慮していません。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

アイプチのノリの強度はかなり強く、一度ノリをまぶたの皮膚に塗るとすぐにくっついてしまうという特徴がありました。

まだ使い慣れていない時期だと、うまく二重にまぶたをつけるということができません。

ですから、わざとらしく大きすぎる目になったりしました。

また時代的に、自分なりの二重まぶたという時代でもなく、芸能人をはじめとしてみんな同じような瞳、瞼であることが気になる時代でした。

商品が安いこと、自分で簡単に出来ることなどから手を出しましたが、使用感には違和感もあり、見た目にも無理矢理的で自然ではないというデメリットもありました。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

私の場合では、自分でアイプチを使用しましたから技術的にうまく出来ず、見た目的にも自然な仕上がりには出来ませんでした。

そのために二重を作ると兄弟に笑われてしまったりしました。

とても外で見せられるものではありません。

アイプチを使っている女子はナチュラルメイク子は少なく、ナチュラルメイクでアイプチを使うと変になってしまうところが恥ずかしかったです。

特に男性の前では、アイプチをしているなんてバレたくないし、女子間だけで秘密でした。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

アイプチは成分などが健康に優しいか分からないので、調べ、パッチテストを試してから使用するようにおすすめはします。

また、使用感や匂いに対しての感性は個人個人違うので、化学薬品が苦手な方はおすすめしません。

目の周辺特にまぶたの皮膚にこのようなものを使うこともおすすめしません。

ひとえでも二重でも他人と比較することはもったいないことです。

ひとりの時に自分のまぶたで満足できるのであれば、そのままを愛してあげたほうがいい。

おすすめの記事