腫れぼったい一重の私がアイトークを使う事で
理想的な二重を手に入れることができた
しかし、使い続けて瞼が被れてしまって大変な事にもなった

腫れぼったい一重のせいで化粧映えもしなく悩んでいた

腫れぼったい一重のせいで化粧映えもしなく、高校時代から悩んでいました。

友達と同じ化粧品を購入して、同じように化粧をしても、私はより一層目が腫れているように見えるだけで化粧が全く楽しくなかったのを覚えています。

友達に「この色似合うんじゃない?」と言われて購入したアイシャドーも、アイシャドーを入れ過ぎたらより一層腫れぼったくなるし、浅めにアイシャドーを入れたら隠れて全く見えないし、みんなが楽しむ化粧を全く楽しむ事が出来なかったです。

また、腫れぼったい瞼のせいで、目つきが悪いと何度も指摘された事があります。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

その当時、同じく腫れぼったい一重の友人が使っていた「アイトーク」を一度貸してもらい私もアイプチデビューをしました。

値段も手ごろで扱い方法も簡単だったため、5年近く利用し続けていました。

商品の特徴としては、液体のりタイプで付属のプッシャーをまぶたに軽く押し当てることにより、のりの部分がひっつき二重になるしくみでした。

そして、粘着性にもすぐれており、長時間キープできるため化粧直しの頻度も減りとても使いやすかったです。

また、ドラックストアならどこでも商品が置いていたので、アイプチがなくなっても、困ることが無くすぐ購入できました。

同じ悩みをもつ友人と、こうしよう、ああしようと何度も練習したのを覚えています。

私はぽっちゃり体系でひとより瞼の重みもありましたが、理想的な二重を手に入れることが出来ていました。

他の似たような商品も多数販売されていましたが、値段のわりに容量も多かったので、この商品一筋でした。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

デートする前に、欲張って二重幅を広げ過ぎて、目の形がいびつになったり、アイプチが乾いて半透明になる前にブッシャ―を押し当ててしまい、白いだまが残ってしまったり、可愛くしたいのに思い通りにいかず納得できない化粧でデートをした事もありました。

なお、疲れがたまっていたり、ストレスを抱え免疫が落ちてる際に使い続けたら、瞼が痒くなってしまい、掻いて赤くなり、瞼がかぶれて、瞼からから汁が出てきたこともありました。

そうなったら、アイプチは1週間ほどお休みしないといけなかったので自分の体調に見合った使い方をしないとなと勉強になりました。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

前項で述べた通り、免疫が落ちている際に使い続けたら、瞼が荒れてしまい化粧ができない日が1週間ほどありました。

私は敏感肌だった為、結構な頻度で瞼が荒れてしましました。

そして、そういった週に限って、デート予定が入っていたり、体育祭や文化祭など他校生が集まるイベントがあったり、卒業アルバムの撮影日だったりと可愛く見せたい日は必ず目が一重のままだったと言った恥ずかしくて悔しい思いを学生時代にはよくしていました。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

肌に悩みが無い方は、思いとどまる必要はないかなっと思いますが、私と同様で敏感肌な方でしたら、今は肌に優しく瞼が被れにくい商品もたくさんあると聞きます。

レビューや口コミだけでなく、実際に1~2週間使ってみて肌トラブル等がなかれば今後使い続けるか決めた方がいいと思います。

今無理して使ってしまうと、若いうちは治りが早いからいいかもしれませんが、シミの原因にもなりかねないので自分の肌と相談しながら決めた方がいいと思います。

整形を考えていないのなら尚更、アイプチとの付き合いは今後まだまだ続きます。

沢山の種類を手に取り、自分にあったアイプチを見つけて下さい。

おすすめの記事