コンプレックスだった
見た目ばかり気にしていた私は
本当に大切なものが見えていなかったこと

目が小さめで、脂肪?がのっているような腫れぼったい目が悩み

目が小さめで、脂肪?がのっているような腫れぼったい目が悩みでした。

化粧をしても似合わず、流行りのアイシャドウをしても似合わなすぎて、落ち込んだりしていました。

流行りの服やものを持っていても、全然似合わなかったです。

見た目にとてもコンプレックスをもっていて、自分に自信がないので口角もさがり、下ばかり向いていた気がします。

周りの目がぱっちりしていて、かわいらしい、化粧映えする友達がとても羨ましかったのを覚えています。

まぶたの悩み解消のために使ったのは

目のことで悩んでいた時、アイプチという目にのりのようなものをつけて、棒で押し込んで二重にする商品があり、一重の人はだいたい使っている人気の商品があることを知りました。

そのような道具で二重にできることを全く知らなかった私は、早く試してみたいと思い、早速親に頼んで、ドラッグストアで買ってもらい、家で試してみました。

最初は目の上にのりのようなものを塗って押し込むなんて怖くて、感覚がなかなか掴めませんでしたが、何回もやるうちにコツを覚えてきて、二重にすることができるようになり、見た目が少し良くなった気がして、満足感でいっぱいでした。

でも、喜んだのも束の間、時間が経つととれてしまうことや、濡れるととれやすいこと、ノリで貼っているので下を向くとバレやすいことなど様々な悩みが出てきました。

失敗、後悔、こんなはずじゃなかった!?

アイプチで二重にできるようになり、一日中アイプチを使って過ごすようになり、てばなせなくなりました。

まだそこまではよかったのですが、だんだん、知らぬ間にすぐに取れてしまったり、取ったあとのりが瞼に張り付いてしまって取れにくくなってしまい、こすってとると、さらに腫れぼったい目になってしまったりと、別の悩みがでてくるようになりました。

他にもアイプチに依存していたので、学校などに持って行くのを忘れてしまった日などは、とれてしまうのではないか、とれたらもう直せないなどの不安でいっぱいになる日もありました。

辛い、悲しい、恥ずかしかったのは・・・

大学生になり、相変わらずアイプチを続けていました。

彼氏ができ、お泊まりに行くようになっても、アイプチが手放せず、お風呂に入ってもすぐにやり直したり、寝る時もバレないくらいにやっていました。

すっぴんをみられるのがどうしても恥ずかしくて嫌だったのです。

でも、そんな生活も長くは続けられず、すぐにバレてしまいました。

彼は気にしなくていいと言ってくれましたが、どうしても私にとってはとても重要なことでした。

今思うとそんなことでとは思いますが、結局はすっぴんを見られたくない、はずかしいという理由で別れてしまいました。

二重まぶたになりたいと色々と試してるあなたへ

当時の私は二重にしていることがとても大きなことで、満足感を持っていました。

ですが、気にしているのは自分だけで、他の人から見たら、大して変わらないのだと大人になってから、つくづく思いました。

自分が必要だと本当に思うのであれば、試してみるのもいいと思いますが、今思えば、そこだけにこだわらずに、肌のケアをしてみたり、内面を磨くことに気を使ってみたりなど、他のことに目を向けるようにするのも1つのやり方かなと思います。

おすすめの記事