アイプチ・二重のりを使い始めたきっかけは

元々奥二重だった私がアイプチを使うようになったきっかけは、シンプルに二重に憧れていたからです。

私よりも先に妹がよく使っており使っている内に自然とアイプチを使わなくても二重になったのを見て羨ましく、自分もアイプチを使い続けることでもしかしたら二重になるかもしれないと思い、時間がある時はアイプチを使うようにしました。

安いものだと直ぐに取れてしまうので高いのを使ってみたり、どうしたら長時間維持できるかと色々試しました。

アイプチ・二重のりを使い続けて感じたデメリット

始からすんなりいっていたわけではなく、やり方が悪いのか分かりませんが、すぐに取れてしまい、ノリの部分が見えてしまって残念な目になってしまってました。

友達がアイプチが取れたのを自分が見ても何とも思わないのですが、自分が実際使ってアイプチ取れた姿を見ると何とも言えない感じで…。

苦労してくっつけたわりにこれか!!とがっかりしていました。

それでもひたすら懲りずに挑戦してなるべく抑えてしっかりつくようにと工夫してました。

大変、辛い、恥ずかしかったのは

若いうちはアイプチが取れてもそれほど気にならなかったですが、仕事をするようになり会社にアイプチをしていき途中で取れている時に気付いた時は恥ずかしくてたまりませんでした。

意外と周りは指摘しないものです。

まあ、自分が相手側の立場であってもいいずらくそっとしておくと思うので周囲の配慮かもしれませんが、何も言われなかったことで余計恥ずかしく感じました。

会社にはしていかないようにとそれを機会に休日だけアイプチをするようになりました。

アイプチ・二重のりをやめた理由と良かったこと

アイプチを止めて良かったのはなんと言っても時間の節約です。

その代わり面倒だったので二重の手術、埋没法をしました。

永遠に二重が保てるわけではなく、時間をかけて元に戻ってしまいますが、ずっと二重に憧れていたので朝起きて何もしなくても二重であることが嬉しくてたまりませんでした。

手間と時間の節約を考えたら出術をして正解でした。

今は二重手術をして随分時間が経過したので完全に元に戻ってしまってますが、アイプチをしていませんし、特に代わりにしていることもないです。

アイシャドーをしているくらいですね。

アイプチ・二重のりを使うかお悩みのあなたへ

若いうちは安いしやりたかったらやってみるといいと思います。

可愛くなるから、やっていて楽しいのではないかと思います。

ただ本当に二重にしたいのであれば、後々は二重の手術をしてしまった方が楽だし、二重を保てるのでオススメです。

値段もそんなにしませんし、今は整形をしている人もかなり増えたので人目を気にせず美の追求をするのもありかなと思います。

目だけで人は随分印象が変わります。

クリニックに相談に行き、どういう感じの仕上がりになるのか見て貰うのもありかなと思います。

おすすめの記事