アイプチ・二重のりを使い始めたきっかけは

遺伝で、腫れぼったくてどこからどう見ても一重で、目が細く、笑うと目がなくなって線のようになるので、幼稚園のころに男友達からバカにされたりしていました。

その子はからかっていただけかもしれませんが、とっても嫌で、とっても傷ついていました。

みんなの前で笑いのネタにされるのがつらくて、アイプチをはじめました。

幼稚園生から自己肯定感が低くなった原因でもあります。

アイプチというものがあると知って、小学一年生からやってましま。

アイプチ・二重のりを使い続けて感じたデメリット

アイプチをし始めると、周りの反応が全然違いました。

たったこれだけでいじめられなくなるのかと思うと、うれしいような、悲しいような、なんとも言えない気持ちになったのを覚えています。

デメリットは、毎朝しなければならないこと、親がよく思っていなかったこと、一日中きちんとアイプチしているか、取れていないか気にする生活になること、等、ほんとうにたくさんデメリットはありました。

しかし、それを超えるほど、目が大きくなるということが大事でした。

大変、辛い、恥ずかしかったのは

アイプチ、二重のりは、とにかく汗と水によわいです。

強いといっているものでも、さすがに取れるときは取れます。

一番問題で大変だったのは、プール、水泳の授業です。

本当に最悪でした。

大嫌いな授業でした。

どんどん取れてって、白く浮き上がるので、剥がさざるを得ません。

そのままにしておくと、白い変なものがついているよ?となるので、剥がすしかなくて、そうすると別人と言われました。

目が今日変だね、と沢山言われました。

最悪な思い出です。

アイプチ・二重のりをやめた理由と良かったこと

あい、二重のりをやめた理由は、自分で、自分のお金で整形して二重にしたからです。

お金持ちかかかるし、痛みも恐怖もともなう経験でしたが、一生アイプチや二重のりをする時間や労力、お金を考えても、整形してよかったなとしか思いません。

周りの反応も全く変わりました。

メイクもたのしくなりました。

マスク生活になってからは、目がとても見られるので、目が綺麗だねと言われるまでになりました。

病院選びは重要なので、慎重になって良かったです。

アイプチ・二重のりを使うかお悩みのあなたへ

これからやるか迷っている方は、一度やってみた方がいいと思います。

世界が変わるかもしれません。

自信がつくかもしれません。

違うかな?と思えばやめればいいし、そんなに高い商品でもないし、挑戦してみる価値はあると思います。

いまは色んな商品が出ているので、自分の肌に合うもの、求めるものの特徴、口コミを参考にして、一歩踏み出してみたらどうでしょうか。

お休みの日だけする、でもいいと思います。

メイクの幅がぐっと広がります。

おすすめの記事