アイプチ・二重のりを使い始めたきっかけは

テレビも雑誌も、自分の目に映る人たちも、ぱっちり二重の方が可愛いと感じたためです。

初めて彼氏ができて、可愛くなりたい!と思ったときに、一重はコンプレックスでした。

雑誌のアイメイクも二重用のやり方しか載っていなかったり、一重の芸能人でググっても数えるほど・・・。

二重になりたい!と思ってしまうのは、自然なことでした。

そんなときに、SNSでアイプチのビフォーアフターを見て、薬局でアイプチを見つけて、やってみようと思いました。

アイプチ・二重のりを使い続けて感じたデメリット

私は腫れぼったい一重なので、すぐ取れてしまいます。

また、アイプチをしてもとても不自然になってしまいます。

やり始めてから、一重にもいろいろなタイプがあることを知りました。

やり続けて、クセになって二重になることを期待していたのですが、無理そうだと気づいてしまいました。

目を閉じたときの違和感もストレスで、アイプチをバカにする世間の風潮もイヤでした。

最もイヤだったのは、彼氏に不自然、馬鹿な女みたい、やめとけ、とめちゃくちゃ笑われたことです。

大変、辛い、恥ずかしかったのは

まず、アイプチの後にアイメイクが綺麗にのらなくて、自然な二重には程遠くなってしまいました。

また、彼氏とお出かけの最中に取れてしまって、直そうと思って頑張っていじったのですが、むしろ白い糊が目立つようになってしまって、恥ずかしくて仕方なかったです。

もうカフェとかで向かい合わせで座りたくなかったです。

失敗とか途中で取れてしまうと、お出かけ自体が楽しくなくなってしまうのがイヤすぎて、やめてしまいました。

アイプチ・二重のりをやめた理由と良かったこと

一つ上の回答とかぶりますが、お出かけ自体が楽しくなくなってしまうため、お化粧に時間がかかってしまうため、毎日コンプレックスと向き合わなくてはならないためといったところです。

今は、私は一重でも楽しく生きてますって感じで、特に隠そうとかはしていません。

私の価値は、顔面とか化粧のうまさとかではないところにあると思っています。

アレルギー体質で、肌が重要視されてる昨今では、外見で絶対に人に勝つことはできないので、別のところに価値を見出しています。

アイプチ・二重のりを使うかお悩みのあなたへ

合う人は合うので、ひとまずチャレンジしてみてください!うまくいけば、コンプレックス解消できます。

自然にかなり近い二重を作っている方もたくさんいます!やらない後悔より、やる後悔です。

人生は有限なので、アイプチとかに限らず、やってみたいことはどんどんやってみるといいと思います!合わなかったら合わなかったで別の方法を試してみてもいいし、私みたいに素のまま生きてみるのもいいと思います。

選択肢の一つとして、気になるのであれば一度はチャレンジしてみてください。

おすすめの記事