アイプチ・二重のりを使い始めたきっかけは

片目が一重で片目が奥二重というとてもアンバランスな目にコンプレックスをもっていました。

アイプチをし始めたのは高校生の時で、当時整形するお金もなく、また、整形することに対して現在よりも批判的な意見が多い世の中でした。

ましてや未成年でしたので整形手術を親が容認してくれるはずもなく、手軽にドラッグストアで購入できるアイプチに手を出すようになりました。

周りの友達の中でもアイプチをしている子はとても多かったです。

アイプチ・二重のりを使い続けて感じたデメリット

毎日同じ個所にノリを塗り続けるので、商品によっては肌に合わなかったようで、まぶたが赤くなってかゆくなったりする時がありました。

アイプチをしている友達の中にはやる続けていると自然と二重になったという子もいたので、わたしもいつか二重になることを信じ続けて毎日アイプチをしていました。

しかし、日中アイプチのノリがとれてしまって、ノリが取り切れず、まぶたが汚くみえてしまうこともあり、恥ずかしい思いもしたことがあります。

大変、辛い、恥ずかしかったのは

アイプチをしているとどうしてもアイメイクを自然に見せることが難しかったです。

アイプチをしてからアイシャドウをするとノリの部分にのせたアイシャドウが不自然な発色をしていかにもアイプチをしています!と主張するような目になってしまいます。

そのため、メイクが変でアイプチを知らない男に指摘されて、恥ずかしい思いをすることもありました。

逆にアイシャドウをしてからアイプチをすると、アイプチのノリの威力が弱まって二重にならない状況でした。

アイプチ・二重のりをやめた理由と良かったこと

いくらアイプチをし続けても自然と二重にはならず、またアイプチの商品もいろんなものがでており、「最強!」という商品でも私は二重にならなかったりすることがありました。

大人になり、現在は二重埋没法も安くて手軽にできるようになりましたので思い切って整形をしました。

もともとの目の形もあり二重幅が広いパッチリ二重にはならないので、まつげパーマをしてまつげでまぶたを持ち上げるようにしています。

その結果、毎日アイプチをしなくてよくなりとても楽でメイクも楽しめます。

アイプチ・二重のりを使うかお悩みのあなたへ

アイプチもいろんな商品があるので合う人はどんどんやっていいと思います。

アイプチが目立たないメイク方方法も今はyoutubeなどの動画にたくさんあがっているので参考にして取り入れていけば自然な二重を作ることができると思います。

今は、二重まぶた埋没法もかなり安くダウンタイムもないような施術もしてくれるので、迷っている人は絶対して損はないと思います!やるなら早い方がいいと思います。

本当に世界が変わって大満足しています。

おすすめの記事